top of page
4のコピー.png

ビジョントレーニングについて

■私とビジョントレーニングとの出会い
実は小さい頃から、私本人がテレビを見る時に首を右に傾げて見ていました。左が1,0、右が 0,3で大きな視力の差があり、左目を中心に据えて見ていた様です。よく母から「あなたは首を傾げて見ているから変だ」と言われていました。笑

そんな中でこの仕事に就き、「視覚と身体の関係性」はとても関連が深いと常々思っていましたが、なかなかそう言う文献も無い中ビジョントレーニングに出会い、「これだ!」と思いました。

以来かなりのめり込んで勉強と検証を重ねています。

皆さんの中にも視覚に関して何か普通と違うのでは?と思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?(眼科へ行っても病気ではないので「異常ありません」と言われることがほとんどです)

・読んでいる時に行を飛ばしてしまう。

・板書をする事が苦手、遅い。

・字のバランスが悪い。

・ボール(野球のボール大)をキャッチする、バットで打つのが苦手。距離感が掴めない。

・よくつまづいたり、人や物にぶつかる。

・物を見る時に必要以上に顔を近づける、顔を傾ける、目を細める。

こういった所見がある方は、是非一度ご来院ください(施術費以外の料金は頂いておりませんので、安心して通院いただけます)。

スクリーンショット 2022-07-22 23.00.38.png

​行動は感覚から始まる。

人は感覚入力が入ると、それを脳で処理して判断し、行動に移します。

暑いから服を脱ぐ、喉が渇いたから水を取りに行く、痛いから手を引っ込める、、など

感覚入力⇨脳での情報処理⇨行動(運動)と言う流れになります。

その感覚情報の中で群を抜いて多いのが『視覚情報』です。5感の中では87%を占めます。

スクリーンショット 2022-07-22 23.00.13.png

​7つの感覚と統合

五感と言われると馴染みがあるでしょうが、私は7つの感覚で見ます。

人は視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚・固有感覚(筋肉や関節の感覚)・前庭覚(平衡感覚)の7つの感覚を脳に伝えて環境に対応しようとします。

ところが近年、外遊びが減りゲームなどの室内遊戯が増えた事により、これらの感覚をしっかり発達させて成長している子が減少しています。

ビジョントレーニングで『発達のマイルストーン』をサポート
スクリーンショット 2022-08-02 23.39.40.png
基本の7つの感覚が健やかに成長する事により、色々な感覚同士が繋がり統合されます。
最終的に
言語や理解、意味付けなどの高度な情報処理が出来る様になり学習・読み・書き・ワーキングメモリーなどに繋がります。
​これらが学校での基礎力となり、大人になってからの仕事をする上での礎になります。

​ビジョントレーニングは基礎的な感覚を高め、高度な情報処理に繋がるようにサポート致します。

本当に見える眼とは?

スクリーンショット 2022-07-22 23.00.29.png
本当に見える眼(Vision)とは?
視力(Sight)が良いと言うだけでなく、2つの目を協調して動かし両眼で見て頭の中でそのイメージがしっかりと出来頭のイメージ通りに身体を動かせる事を言います。
​ビジョントレーニングはここまでをケアするトレーニングなので、目を動かす事だけがビジョントレーニングではないと、当院では認識しております。

スマホ近視、スマホ老眼、学習・スポーツへの対応、発達、メンタルケアにとても有効です。
IMG_2759.heic

01

​アセスメント(現状把握)

​先ずは、アセスメント(現状把握)です。どんな視覚状態になっているのかを詳しく見ていきます。

視力(遠方・近方)、利き目、片目で見ていないか?、ピント調節機能、眼球運動(ゆっくりした動き:パースート、早い動き:サッケード)、眼球の変位(斜位)、平衡感覚との関連、眼と体の協調性

などを診て、それが今回の主訴(不調)と関連があるのか?皆さんの困りごとと関連があるのかを精査していきます。

02

​評価

アセスメントした事をビジョンアセスメントカルテに記入し、

・何が上手く機能していないのか?

・現在の視機能がクライアント様の主訴と関連があるのか?

・どんなビジョントレーニングをしていけば良いのか?

・どんな事に日頃気をつければ良いのか?

​を検証していきます。

IMG_7945.heic
IMG_3819.jpg
IMG_7906.jpg
IMG_7905.jpg

03

​ビジョントレーニング

ビジョントレーニングで眼球運動やピント調節機能、瞬間視(右脳訓練)、眼と体の協応、眼と前庭感覚のトレーニング、視空間認知などを高めていきます。
​特に重要なのは「両眼視機能」を正常にする事で、現代はスマホ、パソコン、ゲームの使用頻度が高く、疲労により「片眼視」になっている方が多く、これが身体全体のバランスを損ない、色々な体の痛みに繋がります。特に頭痛、目の奥の痛みはこれが原因になっている事が多いです。

​04

ビジョングッズで自宅ケア

ビジョントレーニングは当院でやっただけでは、効果の継続は難しいものがあります。
ビジョングッズの購入をオススメしております。
何故なら、「目をあまり使わないでいてくださいね」と言うことは出来ないからです。
どうしても、パソコン、スマホを使わないと仕事が出来ない、ついついスマホを見てしまうと言う方が殆どなので、是非お家でビジョングッズで目のケアをして頂きたいのです!
それが出来ると、そんなに
当院に通わなくても自分で目のケアが出来ます。
目に限らず、体に良い事を皆さん毎日されてますでしょうか?
脳は単純に計算して、1日の+の効果が多かったのかーの効果が多かったのかを計算し、調子が良い、悪いを我々に示してきます。
​どうか、
+効果の高い生活習慣を身につけて下さい。それが健康への近道です!!
IMG_9219.heic
「ビジョンボード」
​  ¥1,100-

色々な眼球運動や視覚トレーニングが、簡単にすぐ出来る様になっています。
IMG_9974.heic
「ブロックストリングス
 ・セット」
​ ¥1,100-
​ 
両眼視機能の獲得のため、必須のトレーニングになります。
 
IMG_0117.heic
眼帯+眼球トレーニングセット」
 ¥1,100-

  日頃、片眼視になり易い方のための、簡易的な両眼視トレーニングのセットです。
​ご自分でお気軽に調整ができます。
bottom of page